DROP feat. Watusi(COLDFEET) Release Party!!!

DATE: Saturday 12月20日,2014年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR: 3000yen/1d WF: 2500yen/1d ★赤と白のコスチュームで500yenOFF!!!

GENRE: House / Techno / Electro

ARTISTS: Watusi (COLDFEET), VENUS KAWAMURA YUKI, チキン, DJtaku(Lien/clued up?), Vaniran, Lisandwich, TaiYou.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。
club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。
尚、男性の方のビーチサンダルはご入場をお断りさせていただきます。

超攻撃型テキーラ投下パーティーDropは毎回テキーラと音楽でオーディエンスをロックし陶酔へと導きます!!!今回はDROP Xmas Special Party!今年のDROPのクリスマスは、超豪華企画です!!


なんと…
DROP feat. Watusi (COLDFEET) Release Party!!!あの世界のWatusiさんのリリパをDROPとコラボして開催です!!安室奈美恵さんや中島美嘉さんなど、多くのメジャーアーティストを手がけ、アンダーグランドとメジャーを繋ぐWatusiさん!!オーディエンスは釘付けまちがいなしです!!


そして、今回Xmas Special Partyということで、お得な特典が2つ!!お召し物に赤と白の物を着けてお越しいただくと、500円offとなります!!

さらにOIRAN MUSICのご協力により、LOUNGE NEOご来店前に"花魁"へお立ち寄りいただくと、ディスカウント特典がゲットできるかも!?"花魁"のスタッフにチケットをもらって来てくださいね!!


今回、美味しいチキンfoodもご用意!!
HOUSEを中心としたMUSICや現代の流行りのさまざまなHAPPY DANCE MUSIC、そしてNEOのサウンドシステム、二面に映るVJ、DROP GIRLとシャンパンでHappyXmasPartyになること間違いなしです!!

Watusi(COLDFEET) special set
and Release Guest
VJ KENT / DJ VENUS KAWAMURA YUKI

with DROP DJs:
チキン (UP BEAT)
taku (cludup/Rune)
UENO (UP BEAT)
ISSYO (Openmind)
Vaniran (CORDOBA)
←→←→kkk
Lisandwich (Sheep)
TaiYou (Relax)
Mamicho (G-Project)
Amie

FOOD:
mazin (ゴールデンボール)

VJ:
KIYOSHI MORII
1928
UDR

PHOTO:
HAYAKAWA

DROP STAFF:
IKUMI

DROPGirl☆:
NAO
CHIYUI

Watusi (COLDFEET)

Group: COLDFEET

Country: JAPAN

Genre: House / Techno / Boogie

Watusi プロフィール Lori FineとのユニットCOLDFEETのプログラマー/ベーシスト/DJ。COLDFFETのユニークな世界観は国内外で評価を受け、UK、US、EU各国から香港、韓国、台湾、タイ等アジア各国でも多くの作品がリリースされている。ソロワークも英Climate Records、米Kriztal Records,ドイツPerfect Toy Records等からリリース。国内では中島美嘉の多くのシングルを始めhiro、安室奈美恵、BoA、Chemistry等を手がけ、アンダーグラウンドとメジャーを繋ぐ多忙なプロデュース・チームとしても活躍。またChristian Dior、Hermès、Cartie等ハイブランド系の海外をも含むパーティへのLiveやゲストDJ、楽曲提供も多く独特のポジションを築いている。オリジナリティ溢れるHouseテイストの4th Album「BODYPOP」は、アジア5カ国でもリリースされ、主要ラジオ局でのチャートインを果たす。’07年には5th Album「Feeling Good」をリリース。シングル「I Don’t Like Dancing」は、この年のパーティーアンセムとなり、ソウル、台北、上海等を含む36カ所のツアーも各地で超満員のクラウドを魅了する。デビュー10周年目となる’08年、コロンビアに移籍し12月にアルバム「TEN」を発売。iTunes Store1位を始め数々のダンスチャートを席巻。'09年11月には生前のマイケル・ジャクソンから許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。‘12年には自身の音源制作のノウハウを詰め込んだ本” DAWトラック・メイキング”の出版、’13年には待望のディスコ/ブギー・ミュージックのディスク・ガイド「DANCE CLASSICS Disc Guide ~Seeds of Club Music~」の発売とディスコ・ミュージックをテーマにしたDJミックス・シリーズ「Disco & Boogie ~Seeds of Club Music~」がスタート (第一弾はSalsouiとWest Endの音源をMix)。’14年8月からワールド・ワイドに展開する独自のテクノ・スタイルでのソロ作品の連続リリースがスタート。元祖アニソン・コスプレDJ、サオリリスから三上博史まで多彩なゲストを招き、オリジナリティ溢れるTokyo Techno-Drive Musicを発信。今後もその勢いは停まる事を知らない。www.coldfeet.net / www.facebook.com/Watusi.COLDFEET www.coldfeet.net www.facebook.com/Watusi.COLDFEET COLDFEET プロフィール COLDFEETはアメリカ人の心理学者を父、そして琴の演奏者である日本人を母に 持つオレゴン生まれのコンポーザー兼ヴォーカリストのLori Fineが、プロデューサー/ベーシスト/プログラマーとして豊富なキャリアを持つ Watusiを共通の友人を通じて紹介されたところからスタートしている。エキゾチシズムを備えたツイステッドな音楽や、Sam RaimiやDavid Lynchの描く世界観などといった共通の価値観をお互いに見出し、LoriとWatusiはグループを結成、比類のない官能的かつファンタジックなCOLDFEETの世界がスタートした。 1998年、Sony Musicとアルバム7枚の契約を結び、1st シングル「Pussyfoot」をリリース、Cloud9(Nookie)、Ray Keith等をロンドンから迎えジャパン・ツアーを行い音楽雑誌を始め様々な媒体より注目を浴びる。岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の制作チームが手がけた「Pussyfoot」のプロモーションビデオは、国内の音楽番組にてヘビ?・ロテーションを獲得、またMTVヨーロッパのプログラム「Party Zone」を通じて世界41カ国、6千万世帯に向けて放送された。 印象的かつ様々な表現力を備えた彼等のヴィジュアルはファッション界においても注目度が高く、Christian Dior / John Galliano、Cartie、Tiffany & Co. 等ハイブランドの海外をも含むスペシャル・イベントにゲストとしてパフォーマンスを提供。またOHYA! and his Astro BoyやArrston Volajuのコレクションの音楽も担当する等、独特のポジションを築く。 その後Sony Musicより3枚のアルバム (含むリミックスアルバム)、1枚のミニアルバム、5枚のシングルを発表。CompostやBPM King Street、Disorient等のレーベルを通じて世界各地でもリリースされ話題を呼んだ。 2001年に入ってからはSony Musicを離れ、3枚目のアルバム「COLDFEET Presents Jazzfeet」を制作する傍らアンダーグラウンドとメジャー・シーンを繋ぐプロデュース・チームとしても活躍し始める。アルバムが続けてミリオンセラーになった中島 美嘉の多くのシングルを初め安室 奈美恵、hiro、BoA、Chemistry等を手がける。Loriは作詞 / 作曲家としてSMAP、Chemistry、bird等にのべ100以上の楽曲を提供。またその印象的なVocalはMONDO GROSSO 、m-flo、SUGIZOから最近ではFreeTEMPO、DAISHI DANCE等多彩なアーティストからのオファーを受け数多くのクラブ・ヒットを生み出す。Watusiのソロワークも海外のレーベルのオファーを受け、英Climate Records、米Kriztal Recordsなどからリリースされている。 2004年よりNew Wave DiscoやFunky Houseを独自の解釈で取り入れたスタイルを作り出し5枚の12inch を連続リリース。FreeTEMPO、Sugiurumn等と全国のクラブでDJ / Liveツアーも行い各地で話題となる。2005年12月、Mondo Grossoも参加の4枚目のアルバム「BODYPOP (avex / rhythm zone)」は日本のみならず韓国、中国、台湾、タイなどアジア各国でリリースされ、国内主要ラジオチャートにチャートインを果たす。3,000人以上を集めた韓国カウントダウンライブを始めソウル、台北、上海、北京等アジアでのツアーも積極的に行う。またRemixを中心とした「BODYCHOP (avex / rhythm zone) 」、初のベスト盤「BEST (Sony) 」も2006年3月にリリースされた。 2007年7月11日には1年半ぶりの5th album「Feeling Good (Grand Gallery)」をリリース。アルバムからの先行シングルEP「I Don’t Like Dancing」はDaishi DanceのRemixも収録、販売と同時に即完売し週末のクラブでかからない日は無いというスマッシュヒットとなる。 2008 年にはコロムビアに移籍し、今までにLoriがゲストとして参加した楽曲を集めたコンピレーション・アルバム「Footworks feat. Lori Fine」をリリース、録り卸しで収録されたOne / DJ Kawasaki feat. Lori Fineはモエ・エ・シャンドンネクター・アンペリアルのキャンペーン・ソングとなる。12月10日にはCOLDFEET10周年を記念する6th Album「TEN」をリリース、即日iTunes Storeダンス・アルバム・チャート1位を獲得。同時期にリリースした「TEN Remixes vol.1」(同チャート1位)、Extendedバージョン収録の「On and On」(同チャート2位)を含め、数週間にわたりアルバムTOP10に3タイトルをチャート・インさせるという快挙を達成。 2009年8月には豪華リミキサー陣を招いた「TEN remixes」をリリース。11月には生前のマイケル・ジャクソンから正式に許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。

COLDFEET is based in Tokyo, Japan's largest and most intriguing city. A duo, the band features composer/vocalist LORI, the daughter of an American clinical psychologist father and Japanese harp-playing mother, and WATUSI, a co-founder of the legendary drum-and-bass outfit Mushroom Head who has produced and played bass on more than 100 CDs. COLDFEET fuses playful eroticism, sensual vocals and captivating melodies with a lush cinematic ambience, positive, provocative lyrics, and an offbeat humor anchored by the dichotomous themes of personal strength and vulnerability. The result is a unique, inventive sound that retains the appeal of pop while embracing the bite of new wave, jazz and rock. LORI and WATUSI have been influenced by an array of artists, from Devo, Massive Attack and Sade to Gershwin and Ella Fitzgerald, as well as the films of David Lynch and Sam Raimi. This diversity of media and genres is fundamental to the COLDFEET sound. COLDFEET's popular debut single, "Pussyfoot," was quickly embraced by listeners and the music press. After a successful first tour of major markets across Japan, LORI and WATUSI set to work on the "Pussyfoot" video. Set at night in the dark, storied forests near Mt. Fuji and shot by film director Iwai Shunji's "Swallowtail" crew, the piece showcased COLDFEET's mastery of visual impact and their innate flair for distinctive, surrealistic imagery. The video enjoyed heavy rotation on Japanese music programs and was highlighted on "Party Zone," a popular show that reaches 60 million households in 41 countries under the auspices of MTV Europe. COLDFEET's novel partnership has fast become a favorite of the Japanese media. LORI and WATUSI have been featured in more than 60 music and fashion magazines, and have done dozens of guest appearances on radio and MTV Japan. Their striking, chameleonic visuals and cinematic sound have also garnered favor with the fashion industry: COLDFEET have scored music and performed for the shows of top designers such as Christian Dior (John Galliano), OHYA! (Astro Boy) and Koshin Sato (Arrston Volaju Haute Couture). COLDFEET's albums and maxi-singles are available on SONY Music Entertainment (Japan). Their singles have charted in the top ten in Japan, and their other work, including remixes by Francois K., Truby Trio and Smith&Mighty, has been licensed and released in both North America and Europe. They continue to be highly sought after as writers, producers, musicians, and performers in the Tokyo and national music scenes. Since 2004, COLDFEET released four 12-inch vinyl dance singles with their unique interpretations of new wave, disco, and funky house including “Bodypop,” “Superthing,” “Mop Me Up,” and “Boom, Clang, Bang.” Quickly becoming a club live show favorite throughout Japan, COLDFEET has toured with FreeTEMPO, Sugiurumn, akakage, and other top DJs. Their much awaited album, including a dance single featuring Mondo Grosso, was released in Autumn 2005. On July 11th, 2007, COLDFEET released their 5th album, “Feeling Good” (Grand Gallery) for the first time in one and a half years. The single EP “I Don’t Like Dancing”, which includes a Daishi Dance remix, was a smash hit. The single sold out immediately and became a “must play” song at clubs. ?? After changing their record label to Columbia Music Entertainment in 2008, COLDFEET released a compilation album “Footworks feat. Lori Fine”; all tracks featured Lori Fine and were compiled by Watusi. The song, “One / DJ Kawasaki feat. Lori Fine” was used as the theme song for the MOET & CHANDON NECTAR IMPERIAL campaign. ? On Dec. 10th of the same year, commemorating the 10th anniversary of their debut, COLDFEET released their 6th album “TEN”, which hit #1 on the iTunes Dance Album Chart and went on to spend several weeks there.? “TEN Remixes vol.1” which was released two weeks before the album “TEN”, also ranked #1 on the iTunes Dance Album Chart. While these two albums remained in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart, the extended versions album “On and On” was released, and all three albums were then simultaneously in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart.? In August of 2009, COLDFEET brought in a lavish team of remixers for the release of "TEN remixes". In the following November, having received Michael Jackson's official permission prior to his passing, COLDFEET released the covers album "MJ THE TOUR" attracting tremendous interest for the duo as well as the plush lineup of guests on the album.

VENUS KAWAMURA YUKI

Group: OIRAN MUSIC

Country: 東京

Genre: Balearic

DJ&プロデューサー。バレアリック・スタイルDJとしての感覚を活かし、2010年に渋谷道玄坂にウォームアップバー「しぶや花魁 shibuya OIRAN」をオープン。世界各国より多くのゲストが訪れるスポットとして話題となる。同時にカワムラユキとして作詞家&作家としても活動。日本語詞を担当したLONDON ELEKTRICTY ft. AMWE「ロンドンは夜8時」は、WASABEAT AWARD「BEST DOMESTIC TRACK」を受賞する。 2011年7月には歌詞アクセスチャート1位を獲得。新世代のクラブ・アンセムとしてスマッシュヒット後、ゲーム「DANCE DANCE REVOLUTION 2013」に起用された。2011年よりダンスミュージック専門インターネットラジオ局 block.fm「shibuya OIRAN warm up Radio」(毎週金曜20時)Kiss FM KOBE「港神戸は午前4時」(毎週土曜28時)のナビゲーターを務める。著書に「アスファルトの帰り道」(Sony Magazines)など。90年代に「SOUND COLLECTION」のプロデューサーとして活動後、2001年に「灼熱」でCDデビュー。10万人を前にプレイを披露したLOVE PARADE MEXICO 2003、DRESS CAMPのショー音楽演出、Madonna+Steven Klein@LOUIS VUITTON roppongi Hills Store、香港HI-TEC、パリのBatofar、IBIZA島のamnesia、OVA、Natural High、りんご音楽祭、加賀温泉郷フェス、渚音楽祭、2.5D、DOMMUNEなど国内外の多くのシーンに登場。2008年にはリゾートでの男女をテーマに、短編小説付CD「inner Resort HOMME/FEMME」(s2s/avex) 6枚リリース。アッパーなテクノからメロウなチルアウトまで様々な景色を繋ぎ続けている。2014年にミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」を設立。新世代のDJクリエイター「Sakiko Osawa」世界配信デビュー作、芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」をプロデュース。iTunes エレクトロニックチャートにて2位をマーク。2014年4月9日には、6年ぶりにコンパイルを担当したCD「shibuya OIRAN warm up music Compiled by VENUS KAWAMURA YUKI」(ULTRA-VYBE)をリリースした。 公式サイト http://vky.jp/ ブログ http://numero.jp/yukikawamura/

チキン

Group: UP BEAT

Country: 日本

Genre: House、Progressive house

2010年よりそのキャリアをスタートする。WOMB、ASIA、VISION、AIR、DOUBLE、agehaと、渋谷、六本木、西麻布を中心に様々なCLUBでPLAYし、実績を積む。 2012年より、UPPER DANCE MUSIC PRATY【UP BEAT!】所属DJとなる。 チキンとは臆病者の意であるが、その名を裏切るAGGRESSIVEなDJingが持ち味。PROGRESSIVE HOUSE、HOUSE MUSICをベースに縦横無尽にMIXするSTYLEと、AUDIENCEを巻き込むPERFORMANCEは各方面から評価が高い。 現在は偶数月第3土曜日に、渋谷LOUGE NEOで開催されている超攻撃型PARTY【DROP】のRESIDENT DJ、ORGANIZERを務め、2015年4月にDROPを引退したが、毎回大盛況を納めている。また、惜しまれつつ閉店となった六本木HILLS HEARTLANDでは、第1月曜のREGULAR DJとして活躍していた。 PARTYにいる人間を楽しませることを得意とする、数少ないDJのひとりである。PARTYでは何よりも楽しみたい!!!!と言うならば、チキンがPLAYするPARTYに来れば間違いなく満足する事だろう。

DJtaku(Lien/clued up?)

Group: Lien / clued up?

Country: japan

Genre: Techno,House,Drum&Bass

3歳からクラッシックピアノを10年、小学生時には12弦クラッシックギター、アコースティックギター、中学校に入りエレキギターに触れ、高校時にはバンドでギター、ベース、キーボードと、常に音楽に触れてきた彼。 クラッシックから、JAZZ,ROCK,PUNK,ELECTRONICA,MINIMAL,HIPHOP,AMBIENT,HOUSE,TECHNO等、様々な音楽を聴いて来た彼の感性は独特な物がある。 そんな彼が紡ぐ音楽は見る人、聴く人を魅了する。 DJとしては、2011年5月から本格的に活動をはじめる。 場所や時間、オーディエンスに合わせ、彼の得意分野であるTECHNOをベースに様々な音を創り出す彼のプレイスタイルには定評があり、オファーが絶えず、約一年で渋谷WOMBのメインフロアを務めるまでに。 主に渋谷WOMB、代官山AIR、VISION、LOUNGE NEO、新木場Ageha、WAREHOUSE、solfa、module等、都内を中心に活動の幅を広げ、日本人に限らず、様々な有名ゲストと共演を果たしてきた。 彼自身、札幌moleでの7thアニバーサリーにゲストとして出演、札幌でのオーディエンスを湧かせてきたのは記憶に新しく、その他の地方での呼び声も後を絶たない。 未だ、彼自身トラック等は作っていないそうだが、望む声も少なくはない。 年間、約50本以上のイベントをこなし、精力的にに活動している。 今後が楽しみな若手の1人で、注目している人も多い。 某パリコレブランドで洋服を創り出す仕事をしていた彼。音楽でフロアを創り出すDJ。 そんな二つの顔を持つ彼だからこそ、ファッションにも要注目して頂きたい。 長髪、ハット、髭、メガネと、とにかく目立つ彼は一度みたらきっと忘れられないはず。 音楽だけじゃなく、ファッションも愛して止まない彼のプレイスタイルを是非とも目に焼き付けて欲しい。

Vaniran

Group: CORDOBA

Country: Tokyo

Genre: House Techno Electro

2000年代から都内の主要CLUBにて遊んでいたが、自分自身の感じた音や高揚感、多幸感をフロアにフィードバックすべく、2010年春に満を持してDJとしてデビュー。 代官山AIR、渋谷asia、中目黒solfaなどでDJとしてフロアを賑やかす存在となる。 そのPLAYはFunky HouseからTechnoまで多岐にわたる。しかしながら、一貫して言えるのは、常にオーディエンスの声をフィードバックするDJスタイルであるという事。 それは彼が今や伝説のvelfarreやVnillaを初め都内主要CLUB等で培ったフロアの一体感や臨場感が身体にしみついているという事に他ならない。 現在は中目黒solfaで毎月第3火曜日に開催されているCORDOBAにレギュラーDJとして出演している。 今後もVaniranがフロアに落とし込む、聞く者の全ての感情を抱きしめる音に耳を傾けるべきであろう。

Lisandwich

Group: M.A.C.

Country: Tokyo

Genre: House/Disco etc...

父親の影響でレコード文化に興味を持ち音楽鑑賞を始め、青山学院大学のDJ部「音楽芸術研究部(MAC)」への入部をきっかけに、2013年夏より本格的にDJを始める。大学生活を送る傍らHouse, Disco, Nu-Disco,Tech-Houseなどを中心に様々なクラブでプレイ。選曲の良さに定評がある。2014年度には、音楽芸術研究部(MAC)の部長も務めた。 DJ MIZUKIとのユニットCHIC CHICK(シックチック)としても活動経験がある。インストアDJ、バータイムDJやファッションショーなどのDJもこなしている。このユニットでは、主にTech-Houseをプレイしており、700人以上も動員するイベントでWOMBのメインフロアでのプレイも経験した。 オーガナイズするHouse & Discoパーティ「sheep」が毎月第一火曜日に渋谷Lamafaで開催されている。また、音楽ニュースウェブジンUNCANNYでライターも務めるなど音楽に様々な形で関わっている。(UNCANNY→http://uncannyzine.com/posts/13917) DJ/オーガナイザーなどとして様々な一面を持つ今後期待のフィメールDJだ。

TaiYou

Group:

Country: 日本

Genre: House/EDM/Electro/POP

2013年 DJとして本格的な活動を開始。 3歳からクラシックバレエ、HipHop、JAZZなど幅広いダンスを習い、ダンサーとしての活動も経験し、その音楽感性を生かし、2013年 新木場agehaでDJデビューを果たす。 その後、渋谷WOMB asia 代官山AIRと等の都内主要CLUBを次々に経験。 4つ打ちをメインにTechno.Electro.POP.などの幅広い選曲の中から独自のMIXで、 その名の通り、【TaiYou】太陽のような輝きをmottoにエネルギッシュな空間と一体感のあるプレイは必見。 渋谷Lounge NEOで偶数月第3土曜日に行われる【DROP】などのレギュラーを持ちながら、都内各地のCLUBでプレイしている。

Coupon!

★WEB FLYER★ SHOW THIS PAGE AT THE ENTRANCE!!!

Invitation Tickets Allowed

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@